無料ブログはココログ
フォト

2011年7月19日 (火)

7月17日クロスストリートご来場感謝

Bookmark Of SoulJazzのLive映像が早くもアップされてました。
曲はコール・ポーターの"Easy To Love"です。

http://www.youtube.com/user/isezakicho#p/u/12/YAPTuE-WDhU

この次のLiveは 7月24日(日)12:30~ 
馬車道キングスバー(http://kings.bufsiz.jp/)
YCA夏の室内コンサートでの企画バンド HOTTER THAN JULY
30分で4曲だけですが、演しものが面白いですよ。Jazzのサークルなのにね。  
入場無料ですがドリンク代(500円)が必要となります。

Img070


2011年4月17日 (日)

吉田町へお越しの皆様ありがとうございました。

本日の横浜関内は吉田町アート&ジャズフェスティバルの野外ライブにお越し頂きました皆様、ありがとうございました。

小生の只今のメインの仕事は管理する物件の今夏の電力ピークカットですが、いろいろ調査するうちに分かってきたのが一般事務所内の電力の無駄遣い。
その際たるものは照明です。
法律では事務所衛生基準というのがあり照明の最低照度を定めています。
しかし、最高基準はありません。
で、照度計で調べると、最低照度の3倍という状況になっている箇所が数箇所あったのです。「暗くて仕事ができない。」という不満に対応していった結果でしょう
32W3灯用器具がまるまま無駄ですと96Wが無駄になり、その部分が10箇所あると960W、約1kWが全くの無駄になっています。

なんでこんなことを云うのかというと、本日のライブ時に一人のお客さんが出演者に対し「節電しなけりゃいかんのにアンプや何やらで電気を使うな。生音で一生懸命にやってるというという態度見せたほうが共感得るぞ。」とか、「ボーカルはメガホンでやれ。」とか野次を飛ばしていたからです。
小生我慢できず、先述の内容でその方を説得しました。
「音楽で使う電力量など一般家庭で使う一軒分にも満たないのですよ。」
それをそのように批判するこの国の体質、我慢ならない。音楽家や表現者を無駄としか思っていない。自分が表現できないから妬みで言ってるとしか思えない。
それに輪をかけて、やってる側が卑下している。
このたびの震災後の自粛がまさにその典型です。
もし自分のやってることが無駄だと思うならすぐにやめて東北に支援に向かうべきです。
小生がやってることは世の中のためにならない。
それは明確ですが、自分の人生のための糧になっています。
それを表現することに何の罪があるのか!!!!
ステージでの演奏も、お客様への説教も、本日全て表現しつくしました。

今、TVのCMで「上を向いて歩こう」とかやってます。
イヴァン・リンスが震災後1週間後くらいにPVでやってくれたことを今頃日本人がやっている。
あの頃日本では共産圏のように同じCMしか流してなかった。
「自粛」
この危険な思想が原発の暴走を招いたと思えてなりません。
「自粛」
自分から進んで、行いや態度を慎むこと。
それは、自分に後ろめたさがあるから慎むのではないですか?
自ら働くことを拒否しますか?
生産性が全く無いことだから拒否するのですか?
たくさん生産してたくさん消費することが美徳なのですか?

音楽はけっして無駄ではない。小生は信じています。
日本は強い国で無くていい。
みんな泣いたり笑ったりして生きてなにがいけないのでしょうか。

2011年1月16日 (日)

ご来場ありがとうございました。

1月14日のくんくんしーらやにお越しの皆様、ありがとうございました。

おかげさまで、思い出に残るライブになりました。

次は同店で2月11日(祝)に中島トリオ(メンバー未定)に参加しますので、よろしくお願いいたします。

2010年3月19日 (金)

Siori with Booksライブ御礼

3月12日(金)上大岡くんくんしーらや
3月13日(土)神田Isolde(イゾルデ)
での、Siori with Booksのライブに来て頂きました皆様ありがとうございました。
イゾルデの対バン「TARAKOS」の皆様おつかれさまでした。
おかげさまで楽しいライブが出来ました。

今後4~6月にライブ予定があります。
詳細分かり次第掲示します。 

2009年12月31日 (木)

皆様良いお年を

昨日のくんくんしーらやの忘年セッションで今年の演奏納めとなりました。
皆様、今年一年ありがとうございました。
以下は小生の2009年ベストプレイの映像です。
(キューピー林氏アップロード)

http://www.youtube.com/user/kurokuri5#p/a/u/0/1FnNNIbRykQ
http://www.youtube.com/user/kurokuri5#p/a/u/1/1Ty2NdrrWUQ
http://www.youtube.com/user/kurokuri5#p/a/u/2/wORL_oVgS1w
http://www.youtube.com/user/kurokuri5#p/u/3/2zZbAzEi6eA

2008年12月27日 (土)

Liveにお越しの皆様ありがとうございました。

昨日の上大岡くんくんしーらやNakajima Trioライブに来ていただきました皆様、たいへんありがとうございました。
共演の皆様もありがとうございます。
思い起こせばくんくんしーらやは約2年ぶりでしたね。

こうして馴染みのお店に出していただきますと時間の経過が嘘のようであり、神戸での1年9ヶ月がただの夢だったかのような錯覚に捉われます。
そういえば今年の6月まで居たんですよね。
しかし、音楽仲間を中心に良い想い出がたくさんあるというのは素晴らしいことですし、再会したときにはまた変わらずお付き合いいただけるし、幸せ者です。
というわけで、来年1月に東加古川でのキューピー林グループに参加できそうです。
詳細は
決定次第お知らせします。

2008年12月13日 (土)

2008年最終Live

1009844694_107s 1010992742_107s

11月29日の神戸Y's Road Liveに来ていただきましたお客様、共演の皆様ありがとうございました
ピッコロのライブ初披露という事もあり、小生いささか悪ノリが過ぎ耳障りな部分もありましたが何
卒お許しください。
来年も機会があれば関西でのLiveに参加したく思っております。
その際は何卒よろしくお願いいたします。

それから、12月7日の横浜美術館前のLiveにお越しの皆様、・・・実はお客さんゼロに等しかったので通りすがりの皆様、如何でしたか?。
天気は良かったけれど寒いの寒くないって、こんな時期に野外でLiveとはなんと酔狂な。
しかし、なにはともあれ初めての体験なんで勉強にはなりましたけどね。
どんな状況でもベストなプレイが出来ないといけません。

これで今年のLiveは全て終了です。
来年の予定は分かり次第掲載します。
初っ端から関西だったりして。

2008年6月29日 (日)

大団円!

昨日の神戸葱焼倶楽部へお越しの皆様、たいへんありがとうございました。
演奏し終わって爽やかな気分で、そして本日録音を聴いて神戸に行ってから一番最高のLiveだったと実感しました。
キューピーさん、StoneVillageさん、押忍さん、ゲストのヨッシーさん、T監督ありがとうございます。
小生が呼んだお客さんは一人も来ませんでしたが、かえってそれが良かったのかもしれません。
皮肉じゃありませんよ。最後だと思うとどうしても気負ってしまうから、いいとこ見せようなんてね。
本当はいつも良い状態でいなきゃいけないんですけどね。
いつかは「今度のLiveが俺の最高のLiveだ。」なんて云いたいな。

小生、再び神戸でステージ踏むつもりですから、またよろしくお願いいたします。
それまで逗子の空の下で、皆様に幸多かれと祈ってます。

2008年6月22日 (日)

21日のFigaroライブにお越しの皆様

ありがとうございました。
しかし、
来ていただいた方、共演者の方には申し訳ないですが、小生ここ最近で最も出来の悪い演奏だったかもしれません。

実際の判断はMDレコーダーの不調にて録音が聴けなかったので不明ですが、少なくとも共演のお二人を楽しませることは出来なかったし、お客さんの反応でだいたい分かりますから・・・。

原因ですが、
こんなもん言い訳に過ぎないですが、来週逗子に帰れるという興奮と、神戸を発つための身辺整理やら心残りやらで心がここにないことでしょう。
準備不足と集中力不足そして精神的余裕の欠落。
現に、エフェクターのACアダプターを9Vと10Vのを間違えて神戸から逗子に持ってきてしまい、借りる羽目になったのですが、全くフラットな状態より気持ちの電圧が1V高くなって演奏に整合できない状態なのです。

皆さんごめんなさい。この次はきっと良い演奏します。

2007年7月 4日 (水)

アー系ギターのHIDEOさん江

お懐かしい。お元気ですか。そっか今は所沢ですね。コメントありがとうございます。
小生、目下Live人生まっしぐらです。
それは、失速したら全ての自我が崩壊する際まで来ているからであります。
ムショの中で本当の自分を発見するに似た感覚、そう、ジャン・バルジャンの心境にも似た感覚。
最高に危なく、最高に心地よい世界。

以下に、東加古川Take Fiveの動画映像があります。
若干DLに難がある場合もございますが、少なくとも小生のエネルギーは感じていただけるかと。

http://music.geocities.jp/jazzbartakefive/DSCF0008.WMV
http://music.geocities.jp/jazzbartakefive/DSCF0009.WMV
http://music.geocities.jp/jazzbartakefive/DSCF0010.WMV
http://music.geocities.jp/jazzbartakefive/DSCF0011.WMV
http://music.geocities.jp/jazzbartakefive/DSCF0012.WMV
http://music.geocities.jp/jazzbartakefive/DSCF0017.WMV