無料ブログはココログ
フォト

2007年8月27日 (月)

2度買い・・・

最近もっとも年齢を感じるのが2度買い。
まあ本当のボケ症状とは少し違ってて、全く同じものではなく、タイトルが違うとか、ジャケットが違うとかですが。
そして、またやってしまいました。ガーシュインの生涯を綴った「アメリカ交響楽」です。こいつはジャケットが全然違ってたので、「あれ?見てなかったっけ?」とばかりに購入。事実まだ見てなくてDVDストッカーに収納のままだったので、タイトルにもピンとこなかったんですけど・・・。
前もチェット・ベイカーの"She Was Too Good to Me"と邦題の「枯葉」で同じCD盤を2回ってのがありましたが、これは売るほうが悪質でしょ。タイトルに何の脈絡も無い。
だいたい「アメリカ交響楽」も原題は"Rhapsody In Blue"でありアメリカがテーマの交響楽ではない。
日本の社会はなんにせよそうなのですが単刀直入ではないです。
製作者の意図を無視して、仲買人が雰囲気でタイトル変えている。これってそれこそ著作権の侵害じゃないですか?
それがいい意味で定着してる事もありますけど・・・。

例えばエリザベス・テイラーの「いそしぎ」は、原題"The shadow of your smile"です。
小生は原題の方がセンスがいいと感じますがどうでしょう。だいたい「いそしぎ」ってどういう意味なんですか?
で、Yahooで検索したら「辞典によると『チドリ目シギ科の鳥。全長20センチメートルほどの小形のシギ。背は灰褐色、腹は白色。尾を上下に振りながら歩き、澄んだ細い声で鳴く。ユーラシア・アフリカ北部に広く分布。日本各地の河原で繁殖する。』」と出ました。
ついでに末尾に写真も添えますが、原題と何の関係があるのでしょうか?映画見ないと分からないのかな。
タイトルの意味が分からなくても、いい曲だったらいいってのもなんか変だなあ。
次の曲は「エメヘラッセ¥コンバゥジェロ」、邦題「我事いぇ」です。って云われて納得できます?

マイルスは「曲はタイトルから既に始まってる。」なんて云ってたけど、全く同感です。

Image1113_s3mall