無料ブログはココログ
フォト

2006年2月24日 (金)

綾瀬はるかさんもいいなあ。

東野圭吾さんの小節の6chのTVドラマ「白夜行」にはまっております。男優の山田君や渡部篤郎さんもなかなかですが、やっぱ綾瀬はるかさん、この人の佇まいもいいなあ。感じますね。

曲は一曲一曲がストーリーがあるから演じきらなきゃ駄目だと思うし、役者も瞬間瞬間が大事だと思う。表情で演じられるこのドラマのキャストは最高のソリストですね。

今日の日本で、現実の向こう側に行ける人連れて行ってくれる人って少ないと思うけど、若い役者さんが頑張ってるね。嬉しくなります。

2006年2月19日 (日)

また1ヶ月近く空いてしまった…

まめに更新しようと思っているんですが、光陰矢のごとしで、あっというまに2月末でした。

昨日は逗子にある黒門っていう沖縄料理店でのスハニーさん(vo)のライブを見に行ってきました。小さな店でステージとかPAとかは無く、アコースティックなライブです。こういうのもファミリーコンサートみたいで新鮮でした。スハニーさんはJazzですが、他の人での三線のライブもあるようです。もちろん三線置いていて弾くことも出来ます。料理や酒も沖縄主体でとても雰囲気のある店でした。

さて、沖縄出身の仲間由紀恵さん、最近えらく人気が出て、もはや大スターですけど小生は映画「リング0バースデイ」の時からのファン。もっとも、コアなファンから「12chの漫画の声優時代からでないと駄目だな。」と言われそうですが。この人見てると、やっぱり役者は佇まいだなあと感心してしまう。身のこなしが凄くきれいなんですね。沖縄舞踊の影響とご本人は言っておられましたが。それと、派手ではないしこれといった個性がないのでいろんな役もしっくりきます。役者業以外の歌とか司会とか(紅白ね)はてんで駄目ですけど。(なぜか歌がヒットしてますが、ファンの小生としてはイメージダウンなのでやめてほしいんですけど。「売れとったらなんでもええんかい。ちゃんと聴いて購入しろよ。」と世間に叫びたい。)

先日本屋で「トリック」の脚本本立ち読みして驚いたんですが、アドリブの台詞かと思ってた部分は全部予め書かれたものでした。ということは映画やドラマをあちこち掛け持ちしてる場合は全て暗記してやってるということですか。しかも違うキャラクターに切り替えて。

よく女優と結婚した人が、私生活は全然イメージが違う人だったなんて云ってますが、実体はないのかもしれません。仲間由紀恵さんは、仕事をしてる方がストレスが溜まらないって発言してますけど、演じている時の方が「実」で私生活の方が「虚」の感覚なのかもしれない。小生もそんな風に感じて音楽が出来たらななんて思うのですが、生活が「実」で音楽が「虚」に転じてしまっている。無駄な時間すごして「そうだ、練習しなくちゃ」では駄目で、ずっと楽器弾いてて「そうだ、ご飯食べなきゃ」くらいにならなきゃなあ。

この女優さんはそういうことも感じさせてくれるから好きなんです。今晩は「功名が辻」だ!