無料ブログはココログ
フォト

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

大団円!

昨日の神戸葱焼倶楽部へお越しの皆様、たいへんありがとうございました。
演奏し終わって爽やかな気分で、そして本日録音を聴いて神戸に行ってから一番最高のLiveだったと実感しました。
キューピーさん、StoneVillageさん、押忍さん、ゲストのヨッシーさん、T監督ありがとうございます。
小生が呼んだお客さんは一人も来ませんでしたが、かえってそれが良かったのかもしれません。
皮肉じゃありませんよ。最後だと思うとどうしても気負ってしまうから、いいとこ見せようなんてね。
本当はいつも良い状態でいなきゃいけないんですけどね。
いつかは「今度のLiveが俺の最高のLiveだ。」なんて云いたいな。

小生、再び神戸でステージ踏むつもりですから、またよろしくお願いいたします。
それまで逗子の空の下で、皆様に幸多かれと祈ってます。

2008年6月27日 (金)

百済観音(この記事は事情によりタイトルを変えました。)

明日PC解体するので神戸での記事はこれで最後ですから、今回はお世話になった方々への感謝でエンド・ロールとさせていただきます。

まずは、関西での小生レギュラー参加のバンドのリーダー、キューピー林氏。奥様のスーミーさん共々ひとかたならぬお世話になりました。
心細かった最初のセッションから歓迎していただき、やがてグループに加えていただきました。
そしてこのグループのメンバー、Wベースの槌橋監督、初代エレベのテバサキさん、ドラムの押忍一友氏、現メンバーの5弦エレベの「ストーンヴィレッジ」こと石村義弘氏、皆様たいへんお世話になりました。
滞在後半にご一緒いただいたエスビン後藤さんも素晴らしかった。ありがとうございます。
活動場所の神戸「葱焼倶楽部」や東加古川「TekeFive」、なによりも出会いの場を提供いただいた西元町「デスペラード」、それぞれのマスターやお店のスタッフに感謝します。

大阪での最初のセッションからその後の転回への案内をしていただきましたGの佐々木さん、そしてその紹介で月例オルガン・デュオに招いていただいたsumichangさん、R&BとJazzをより深い関係へと誘ってくださいましたお二方に感謝するとともに、場を提供して頂いた喫茶「井戸」のマスターとスタッフの皆さんにも感謝いたします。

それから、大阪のセッションホストのシミやんことベースの清水さん。
あなたは、まさにMr.ミュージックでした。楽しかったです。

ご一緒していただいた素晴らしいミュージシャンの方々、お店の関係の方々はまだ他にもたくさんいますけど、たいへん申し訳ありませんご紹介はこの辺りにさせていただきます。

そして何よりも、関西で小生を支えてくれた、実家の父母、友人の大ちゃんファミリー、同級生のTAKAさん、KEIさん、先輩のドラッグ増井氏やコイさん、皆さんありがとう。

本日処分しましたけど、小生宅のベランダに咲いたペチュニアもありがとう。
斑鳩の里の百済観音・・・ありがとう・・・。
ありがとう・・・。

明後日土曜日は、神戸葱焼倶楽部にて今回滞在での関西ラストライブです。
よろしくお願いいたします

2008年6月22日 (日)

21日のFigaroライブにお越しの皆様

ありがとうございました。
しかし、
来ていただいた方、共演者の方には申し訳ないですが、小生ここ最近で最も出来の悪い演奏だったかもしれません。

実際の判断はMDレコーダーの不調にて録音が聴けなかったので不明ですが、少なくとも共演のお二人を楽しませることは出来なかったし、お客さんの反応でだいたい分かりますから・・・。

原因ですが、
こんなもん言い訳に過ぎないですが、来週逗子に帰れるという興奮と、神戸を発つための身辺整理やら心残りやらで心がここにないことでしょう。
準備不足と集中力不足そして精神的余裕の欠落。
現に、エフェクターのACアダプターを9Vと10Vのを間違えて神戸から逗子に持ってきてしまい、借りる羽目になったのですが、全くフラットな状態より気持ちの電圧が1V高くなって演奏に整合できない状態なのです。

皆さんごめんなさい。この次はきっと良い演奏します。

2008年6月16日 (月)

送別会その2

土曜日はキューピーさんがホストの新開地一番星食堂のJazzセッションへ。
たぶんお店主催のセッションはこれがラストでしょう。
ていうか、これ以上の有終の美は無いと思うし。
実は、関西に来て最初に行った大阪のセッションのお店で終ろうかと思いましたが、心揺らいでおります。

日曜日はWベースのT監督主催の神戸芸術工科大学セッションに参加。
これは凄く良かった。音楽の喜びを全身で感じれた3時間余りでした。
T監督、キューピーさん(3分間クッキングをどうかテーマにしてください。)、ストーンヴィレッジ、エスビン後藤さんありがとうございました。
こんなシーンが神戸にあることが想い出であり、心強い気持ちになれます。きっと、また、ここでセッションしましょう。それまで皆さんお元気で。
って、まだ葱焼倶楽部があります。
そこでの再開を約束し、殆ど最終便で帰りました。

本日は強烈な二日酔いに見舞われ、肉体労働に・・・。
きっちり、同じ机をあっちからこっちからあっちへをやってましたぜ(しかも自然体でね)皆さん。

2008年6月14日 (土)

送別会その1

昨夜は同級生の友人の女性二人に送別会を開催していただきました。
KEIさん、TAKAさんありがとうございました。
お店を探していただいただけではなく、小生のわがままで短い時間で2軒ハシゴさせてしまい、いろいろ負担かけて申し訳なかったです。

1軒目は神戸は御影の小生宅近所の日向地鶏のコースの店「日南乃家」さんで、これがなかなか旨かった。
実は小生近所の飲み屋さんは殆ど知りません。1人では飲みに行けない性質なのでした。

そして2軒目は前に何度か紹介したピアノ生演奏のワインの店「葡萄屋」さん。
早速フルートで参加。「メモリーズ・オブ・ユー」や「別れの歌」等送別ソングを中心に、2ステージ約6曲を楽しくプレイさせていただきました。

Photo_2

Play 

KEIさんが偶然このブログを見つけコメントを書いたことがきっかけで、御影で再開した直後小生は関西に転勤し、そしてLiveに来ていただいたり、飲み会に呼んでいただいたりして半ば支えられるような格好でお世話になりました。
この日も
三人三様のこの1年9ヶ月の悲喜交々な思い出話に話が咲いて、約3時間半の宴は幕を閉じました。

駅にKEIさんを見送った後小生が気がついたことは、彼女達こそまさに百済観音じゃないかってことでした。
いろいろありがとう。お元気で。そしてまたお会いしましょう。

2008年6月 4日 (水)

浮き足立って

1日の喫茶「井戸」Liveに来ていただいた皆様ありがとうございました。
それと井戸の店長ならびにスタッフの皆様お世話になりました。
自由に演奏させていただきとても幸せでした。

と、感謝しつつも告白しますが、演奏の録音聴きましたらあまり出来が良くありません。
最後だからと一所懸命にやってるんですけど、なんかアップアップしてます。
小生浮き足立つとこうなるようです・・・。

自分の一番いい状態はどんな時か、と問われたら迷うことなく、叫びたい、泣きたい、気持ちを伝えたいって時と答えます。
だから、逆境に投げ入れられた時とか、終わりが分からない時に良い演奏が出ます。
ところが現在の状態は、有終の美を飾ろうと修飾ばっかでなんか卑しい感じです。
深く反省し、残りの機会は後悔なきよう純粋に対峙します。
共演者やお客さんに失礼無きように。

当初関西に来た頃は、終わりなんて考えてなかった。なんとしてもここから始まるって心意気で扉を開いてた。
そして今、戻るのではなく、新たに関東に行くのです。
戻る場所なんて本来どこにも無い。常に自分の今の居場所しかないのですから。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »