無料ブログはココログ
フォト

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

開花

Hana

まずは小生の転勤報告メールへの温かいご返信、皆様ありがとうございます。送る言葉、迎える言葉、とても嬉しいです。

さて、3月16日の日記に書きました神戸の小生宅ベランダの鉢に植えた種が成長し、辞令の翌日の昨日朝に開花しました。
これは正直劇的でした。
百済観音の件といい、この花の件といい、奇跡と云えるような出来事なので感動してますが、別に宗教や超常現象に被れているわけではないので、毎度お馴染みになりましたがユングの言うところの偶然的必然と捉えています。
小生実はこんな経験が多いので、一時夢見る世捨て人になりかけドロップアウトしそうになった事もありますが、今は社会復帰して「人も自然も本質はやさしいから共鳴する。」(まさしく音楽ですね。)という結論です。

小生がかつて花を育ててた逗子宅の庭には、現在、家人が植えた花が咲いています。

共鳴してます。

2008年5月30日 (金)

速報!7月に神戸から逗子に戻ります。

29日、突然昼の仕事の辞令が出ました。
7月1日付けで東京赴任です!
なんと今月7日に法隆寺の百済観音の話を日記に書いて、そのとおりとなりました。
こういうのを因縁と言うんでしょう。

しかし、全くそんなつもりは無かったもんですから、さあたいへんです!
6月はLiveが3本も入ってるし、7月には神戸チキンジョージも入れてしまった・・・。
さすがにチキンは諦めますが、6月は予定どおりLiveを開催する所存です。

6/1(日)神戸御影コーヒーハウス井戸 オルガンの住本氏とデュオ
6/14(土)神戸湊川一番星食堂Jazzセッションに参加
6/21(土)逗子フィガロ B前澤氏、Ts山口氏とのJazzトリオ
6/28(土)神戸葱焼倶楽部 QP林グループ
・・・なんと引越前日!さよならコンサートだ!関西での見納めだから皆様是非おいでください。

いろいろ頭が混乱しててその日の夜、いきなり神戸加納町のホリーズのセッションに顔を出してしまいましたが、こういう時って浮き足立って出来よくなかったです。
各方面、落ち着いて仕切り直さなきゃ。

2008年5月11日 (日)

6月に逗子でLive!

昨日の東加古川TakeFiveにお越しの皆様ありがとうございました。
おかげさまで楽しいステージになりました。

さて、今後のLiveですが、この度、嬉しいことに再び逗子のLiveハウス「フィガロ」にて6月21日にLive参加が決まりました。
誘ってくれたのは逗子のバンド仲間のベースの前ちゃん。
同じくバンド仲間のTs山口さんとのトリオでのギターの人の都合が合わず急遽小生にトラの依頼があったものです。
したがって今回はギターに徹しますが(おお年頭所感!)、ぜひご来場のほど。

これにて小生のLiveスケジュールは以下のとおりとなりました。

6/1(日)御影コーヒーハウス井戸 オルガンの住本氏とのデュオ
6/21(土)逗子フィガロ B前澤氏、Ts山口氏とのJazzトリオ
6/28(土)神戸葱焼倶楽部 QP林グループ
7/19(土)神戸チキンジョージ ドラッグ増井氏と大ちゃんとのフォーク・トリオ
7/27(日)YCAサマコン、横浜美術館前広場
さらに!10月に横浜Jazzプロムナード出演決定!内容決まり次第発表します。

皆様、よろしくね。

2008年5月 7日 (水)

いざ、斑鳩の里へ

Photo Photo_2

Photo_4

GW最後の昨日は、天気も良かったので、かねてよりの計画の奈良は斑鳩の里へ出かけました。
もちろんメインの目的は法隆寺。この2年間で2度目の参拝であります。
思い起こせば一昨年の夏、娘の社会学習の一環で実家を拠点にして奈良、京都の歴史的建造物を訪ねるツアーを慣行し、クライマックスの法隆寺にて「百済観音」に出会い、その姿に感動し、そしてなぜかその手の動きが手招くように見えた数日後、小生は関西転勤の内示を受けたのです・・・。
百済観音が招いた意味は何か。
実は関西に来てからの自分の演奏スタイルの試行錯誤の結論が最近分かってきたので、もう一度お目にかかってと思ったわけです。
小生別に仏教に信心深いわけではありませんが、偶然的必然は信じますからどうしても答えが欲しかったのです。

正午入門し、写真左の世界遺産の伽藍を見学し、そしていよいよ大宝蔵院(百済観音堂)へ。
観音堂の入口に縁起が書かれており、その下り「観音堂が完成し、流浪の観音様もようやく安住の地に奉られたのです。」に目頭が熱くなり、泣きそうになりました。
別に流浪したわけではないけど、安住の地に戻りたい。そこにチューニングが合ってしまった。
久々に拝する百済観音は、以前のようなやさしく魅了する姿ではなく、もっと力強い姿で、その手の動きは「もう行ってよい。」と映りました。
至高の造形は見る者の心で変わるようです。

今回は夢殿の本尊も開帳でしたし、前に時間の都合で見れなかった中宮寺の国宝の観音像(アルカイックスマイルのやつね)も見たし、GW限定一般公開の藤ノ木古墳(写真中)の玄室も見れたし、もう大充実!

そして最後は、Flの鳴らせる場所を探して、桜池ポケットパーク&運動場を発見(写真右)、恋を求めてさえずる野鳥に交じって一時間あまり吹きました。
ここ、最高でした。
そんでもって、斑鳩の里はB♭マイナーと確信。
なんだか分からないでしょうが、そうなのです。近々曲が出来そう。

充分に充実した状態なので、帰りは大阪天満のセッションの店へ寄りました。
ところが、これがいけなかった。
霊験あらたかになっていたためか、はたまた森林浴の成果か、はっきり音が分かるようになっていたので、演奏者の心が見えてしまう。
これまずいです。ホスト達の心の声が聞こえてしまう。
それから、Voの人達のマイクの使い方最悪。
小生もVoなので凄く気になります。聴く側に立った使い方しなきゃ。
それよりもなぜ、マイマイク持って来ないんだろう。
昔はあたりまえだったんだけど、近頃は違うのかな。って、自分のVoのときも荷物になるので持って行きませんが(小生のは「クジラ」ですし・・・)、専任の人は持ってても良いんじゃないのかなあ。
そんなわけで気分が乗らず、1曲やっただけで引き揚げました。
帰ったらQPさんからセッションのお誘いメールが。
が、しかし、すでに遅かりしでした。残念。

そして、百済観音、ありがとうございました。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »