無料ブログはココログ
フォト

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

エレガント

26日土曜日に東加古川テイク・ファイブのLiveにお越しの皆様ありがとうございます。
今回の自己採点は百点です。
「えっ!あれで?」というご意見もあるでしょうが、技術的な面ではありません。
音楽との対峙での評価です。目下のテーマ「エレガント」な演奏が出来たと思ってます。

残るは保守性の打破です。
QPグループの皆さんには申し訳ないですけど、今回の小生の演し物のうち、ストールン・モーメントとエイント・ノーバディを除く全てのスタンダードは今後のステージではやりたくありません。
次は、全然違うものをやりましょう。
だって、お客さんはたぶんそれを求めているでしょう?
次のステージも同じスタンダードの曲が良いっていうのは、お客さんがよっぽど好きな曲だと思いますし、それならリクエストで良いですよね。その際は今回の曲でもやる所存です。

ビッグ・ファンを提供して、来て頂いた方の想い出に残せること。
それが何かが今後の課題です。

次は2月16日(土)の逗子はフィガロでのLive。
想い出になるステージになるように、今日を生きます。

2008年1月10日 (木)

セッションの功罪

録音設備が整ったので、連日暇さえあれば何かレコーディングしてますが、逗子時代に作ったオケにオーバーダブすると1年半前の演奏の方が出来が良い。
これはどうしてだろうとじっくり聴くと、前の演奏の方が音楽的なのです。
今の小生はとにかく出来る技を駆使して如何に格好良く仕上げようかが見え見えで、なんかいやらしい。
試しに1年くらい遡ってのバンドの録音聴いても音楽的で気持ちが良い。

なぜこんなことになったのか、思い当たるのはセッションに行き過ぎかもってことです。
セッションで自分に出番が回ってくるのは少ない場合1時間に1回ってこともありますので、どうしてもそれに全力を注いでしまうあまり、音数多く無駄なことをやってしまう癖がつきます。
もったいないからこの機会にって感じです。ついでに、目立ってやろうというスケベ心もあります。
でも、こんなの音楽じゃありませんよね。

音楽は周りの音を聴いてのアンサンブルですからセッション時も心がけてはいますが、はっきり云って真剣に聴いてしまうとこっちが演奏できなくなってしまう相手もいます。
それはあんたじゃないのか?って声も聞こえてきそうですが、いい演奏する人が全パート揃うというのは極めて稀なのです。
で、知らん間に聴きたくないパートをオミットする癖がついてしまってる事にも気がつきました。
その結果アンサンブルのパートが一つ欠けるので、その分空間を埋めよう(嫌なパートの音を消そう?)という力が働いて音数が多くなってしまっている。
録音は予め用意された空間がありますから余計な音を入れるとたちまち耳障りになります。それで気づきました。

この3日間自分の間違った音楽性の修正を試みていますが、それは案外簡単に戻ってきました。
ソロにストーリーを描くこと、なーに簡単です。1コーラスに起承転結を付け、演じること。録音では意外に容易く出来ました。
これがステージで維持してゆけるかが課題ですが、少なくとも荒れたセッションにはこの先行かないほうが良いみたいです。
最初は友達作るために門を叩いたはずなのに、今は挑戦しに行く気分でまるで道場破りです。
何度も云いますが、こんなものは音楽ではありません。

関東での小生が所属するバンド2つが休止して随分経ちますが、小生にはやはりパーマネントなバンドが必要です。
アンサンブルにストーリーをつけるには、リハーサルを積むことが必要だからです。
バンドがいつか復活することを祈り、今宵も録音に精を出します。

2008年1月 6日 (日)

今年は録音も強化します。

怒涛の年末年始も本日で一段落。
このブログもなんか日記みたいになってしまったので、日記的なのは今回を最後にしていつもの調子に戻します。

昨日は西元町デスペラードでセッション後、QPさん夫婦、T監督、押忍今竹さんと小生宅で深夜の新年会。
QPさんご夫婦仕込によるジンギスカン鍋を堪能し、マイルスやらコルトレーンやらの映像鑑賞。
実は小生もゆっくり見てなかったので「こんな物があったんかい。」とびっくり。
小生宅では宿泊施設が不足してるので、皆さん今竹邸へ移動されました。
翌朝はさすがに小生、飲み疲れ&遊び疲れで片付けのみで、ボーとしておりましたが、そういや初詣に行ってなかった事を思い出し、近くの神社にお参りに。
今年こそ逗子に帰れますようになんて祈願して、おみくじ引いたら「願い成就せず、信心して期を待て。」だって。ついでに「転居良くない。」だって。
まあ慌てず騒がずで過ごしなさいってことかな。なるようになるか。

そんなわけで、激動の年末年始9連休は幕を閉じるのですが、恒例の正月期間機材整備も果たしまして、本日パワードスピーカーにヘッドフォン端子を増設し、処分したミキサーに代わるモニタシステムが構築されました。
レコーダー・・・Fostex D-108
ギター・プリアンプ・・・Mesa V-Twin Amp
マイク・プリアンプ・・・Behringer MIC200
モニター用ミキサー・・・Boss BX-60
リバーブユニット・・・Alesis Microverb,ZOOM RFX-300
上記2基のプリアンプからダイレクトにレコーダーにドライ音がインプットされ、プレイバックがエフェクト処理されモニタシステムで再生されるわけです。
もちろん録音されたものはデジタルベースでPCに移し、ミックス処理となります。
小生が以前余計なもの云々といったのはインプットの部分で、この段階では未加工のものを直に入れた方が音が良いという意味です。
確かにヘッドフォンではまあまあの環境とはいうものの、所詮PC用のスピーカーですので満足したモニタ環境ではありませんが、最終のPCでのミックス段階では真空管アンプ&オーラトーンですので良い音が出ます。
あと、悩みの種はミックス段階でのヘッドフォンモニターが弱いこと。
PCからダイレクトのヘッドフォン環境はPC内での調整なので扱いにくい。
真空管アンプに細工を施すという手もありますが、そうすると今度はアンプ再生段階に無駄な物を挟むことになる。

ネットでヘッドフォンアンプを探すもこの類は機能の割りには高価だし。
今後の課題です・・・。

当分セッションも控えめだし、録音に力を入れよう。

2008年1月 4日 (金)

明日は神戸へ

楽しい時間はなんと経つのが早いことでしょう。 もう1週間が終ってしまった。

1日に逗子に帰ってきて、2日に小生所属のサークル「YCA」(横浜アマチュアコンボバンド連盟)の平成20年歌い初めと名打った新年会&セッションに行ってきました。
初めて参加したのですが、なんとスタジオを借りきって飲み食い演奏三昧です。
それも宴会場と演奏場の2つのスタジオとも演奏可能という素晴らしさ!
いわば第一会場と第二会場ですね。
昼過ぎ開始で、お開きは夜でしたが、あっという間でした。
名残惜しいので有志で中華料理屋で二次会。
元メンバーとブリザドマールの再結成の話もあったし、今年の夢がまたひとつ出来たな。その前にこちらに戻って来なきゃいかんですが。

3日は逗子の小生の自宅スタジオ(いわゆる自室…)「コンプリート・スタジオ」の整理&掃除。
今回は神戸との機材の入れ替えを考えてまして、逗子で完全に眠ってるベースとMIDIパッドを神戸に移します。 なぜなら、これらが無いと作曲が極めて難しいことに気がついたからです。
PCでの自動演奏機能はなかなか気が利いてますが、必ず毎回同じ部分がありクリエイティブではありません。
特に弾ける楽器のシュミレーションの場合、ひじょうに気にかかる。
で、オリジナルの場合、その時点で楽しくなくなるのです。
ですから、以前はそこを自演の楽器で差し替えてアレンジの幅を拡げてた。
それを思い出し、移動させるのです。また荷物が増えますが…。

本日4日は家族と食事&買物に出かけました。
サワディーというタイ料理屋さん。これがすこぶる美味い。
なんやかんや買物とか用事済ませ、その後は小生一人でブック・オフ&ハード・オフへ。
ここに必要だったデジタル・リバーブ・エフェクター発見し購入。
ハード・オフって全然安くないんですよね。しかも殆どジャンク品。したがって賭けでしたが、帰って試してみると大成功。
先日のミキサー処分後のモニター用に使います。

そして明日5日は神戸に戻ってデスペラードでセッション。その後新年会があるかもしれません。
6日は予定無しで、リセット用の日としようと思ってます。
でないと仕事に戻れなくなりそうですから。

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

先ほど西宮北口コーナーポケットの年越しセッションより帰宅。
本日午後からは逗子です。

去年いろいろあったことや、今回のセッションでの印象から、今年はギターきちんとやろうというのが年頭の抱負なのであります。
セッションで心に響く音を出す人は皆、ひとつの楽器にかけてる人で、小生みたいに荷物になるから今回はフルートでいきますみたいなのはやっぱり駄目だなあというのがひとつ。
それから、去年の初めの横浜でのリハの録音聴くと、小生のギターがとても艶やかなんです。
この楽器で自己表現しようとしてるのが凄く伝わってくる。
そして、年末に指が動かなくなったこと。
暫くギターが弾けなくなると思ったら無性に弾きたくなった。

もちろん管をやめるわけじゃないですよ。
メインがギターに戻るということです。
2日はYCAの歌い始めセッションに参加します。
だから明日フルアコを逗子に持って帰るのだ。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »