無料ブログはココログ
フォト

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

バンドのこと(その2)

さて、「Musicianship」とは何ぞや?それは相手に対するリスペクトです。それは一緒に演奏してる人に対してであり、聴きに来て頂くお客さんであり、自分が好きなミュージシャンに対してであり、とにかく実際のプレイに関わる全ての人に対する気持ちです。
小生は5,6年前にこれが分かってからいくつかバンドを辞めました。リスペクトのない方と一緒には出来ないからです。
一番具体的なのは、リハやライブ前の個人練習です。よく「忙しくてあまり楽器に触れなくて」とか「どうせ練習やっても対して変わらないし」とかいう人がいますが、本人は言い訳のつもりなんでしょうが、この会話は練習してきてる相手に対し失礼だということに全く気付いていません。本来なら「申し訳ない。全く練習していない。次は必ずやってくるから今日は自分抜きのパートでお願いする。」くらいのコメントのはずなんですが、実は裏返せば練習してこなくてもそこそこできるだろうという相手を馬鹿にした気持ちなんではないでしょうか。
誤解してほしくないのは、
「練習してもあまり上達しなくて」「凄くやったんだけどまだうまく出来ない」はOKなんです。無様であっても一生懸命な人は美しい音が出てます。聴く人が聴いたら分かります。フレーズが歌ってますもん。
前にいたバンド仲間にこの話をしたら、彼は「あなたはテクにこだわり過ぎてるから、ハートを忘れるよ。」なんてことを言ってたけど、そのとおりです。こだわってます。だって、簡単なナンバーをプレイする時もミスをしないためには充分に弾けるようになるのが一緒に演奏する人やお客さんに対する礼儀でしょ。ハートというのは自分勝手に垂れ流しにするもんじゃない。相手のハートに届かなきゃ音楽やってる意味がないでしょ。ただ悦に入りたかったらお風呂で鼻歌歌ってりゃいいんです。

他にもいろいろあるんですけどね。バンドは。セッションもワンナイト、ワンタイムのバンドだから同様ですし。いろんな愛憎劇があり、巧妙に場を利用して利益を得てる人もいる。一番訴えたいのは、「一緒にやってる人は生身の人間なんですよー。それも音楽というめいっぱい感性剥き出し状態の中なんですよー。だからもっと真面目にやってください。」だけです。

「ストレス解消のために音楽やってます。」ってのは実はおかしいんです。ストレスが溜まらないような状況に変える努力を怠っていては、ただ単に自分のストレスを他人に押し付けているだけなのです。

日本の社会は実はストレスを引き受けて報酬を得ている構造なのかもしれませんがね・・・。

つづく

2006年5月28日 (日)

岸田圭子(旧姓)さんにお会いしましたよ

ご本人の承諾のうえフルネーム掲載しました。何回か前の記事でコメント頂いたKEIさんのことです。さあ検索でここに来た方すぐにコメントをください。
なんでもご本人が昔の仲間に連絡取りたくて小生の名前を検索したとのことですから、他の誰かが探しているかもしれないとの小生の提案に快く承諾して頂きました。
なんだか瓶に手紙を入れて海に流すのと似てますね。拾ってもらえたら嬉しいな。

いろいろ懐かしい話や情報について聞けたんですけど、一番驚いたのは母校の小学校の卒業生にあのサ○エリ(これが検索に引っ掛かるとややこしいので伏字ね)がいるとのこと。で、調べたら確かに父親の転勤で子供の頃神戸にいたことが判明。
だからどないしてん。と自己突っ込み。

2006年5月24日 (水)

バンドのこと

前回宣言したものの、今週は出張だらけでブログが疎遠になってて、すみません。
さて、今回からは小生のバンド経歴とバンドとはなんなのだろうといったお話など数回に渡りお送りします。
なんせ、一時は3つくらいのバンドをライブ共々同時進行してたのに、今は一つだけですからね。まさにバンドは生物ですね。こないだまで旬だったのにもうメニューから消えてしまった。

よくセッションとバンドの違いは?ってこと聞かれますけど、たぶんセッションは出会いの楽しみで、バンドはそれからどうするのかの楽しみの違いかなと思います。
で、出てる音はどっちが良いのかと云うと、どっちとも云えないという凄く微妙なニュアンスなんですね。だから、バンド指向の人もセッションがやりたいのだと思います。
音の出し方で言えば、セッションは予想がつかないので自分の居場所と共演者の位置を確認し合って成立する。ある意味凄く礼儀正しい出会いです。
対してバンドは、ある程度許される位置を知ってるので自由な枠で相手の領域にも行き来できる。そんな感じでしょうか。極端な話、予定調和の仕掛けも作れますしね。
だけど実はバンドの一番危ない部分はここなのかもしれない。セッションでは一瞬でクラッシュする事態がバンドでは分からなくなることがある。
こんな言葉があるかないか分かりませんが、小生はこの微妙な関係をMusicianshipと呼んでます。
で、それがどうしたのかは次回に続きます。明日も出張なのでごめんなさい。

2006年5月21日 (日)

5月20日グッピーのLIVEにご来場の皆様

ありがとうございました。
おかげさまで良いLIVEが出来たと自負しております。
次回はたぶん秋になりますので、じっくりと充電して新しい出し物を揃えて臨みます。
お楽しみに。

2バンドの活動がなくなったので、これから時間が出来ると思うのでブログも充実させますね。

2006年5月19日 (金)

ライブのお知らせ

DDT LIVE

5月20日(土)PM7:30~ 日の出町 グッピー
場所:横浜市中区宮川町 TEL045-241-3166 京浜急行日の出町下車1分
チャージ¥1500(1ドリンク付)

これを最後に9月まで活動を休止しますので、ぜひおいでください。
(深い意味などありません。メンバーがお目出度なんです・・・。)

2006年5月 7日 (日)

最近は

Nakaさんコメントありがとうございます。小生最近月一程度金曜夜に伊勢崎町はLafu&StingのJamセッションに参加しています。
ご存知かもしれませんが、なかなか硬派な人が多いので日にち申し合わせて行きませんか?
よろしくご検討のほど。

2006年5月 6日 (土)

写真掲載しましたよ!

左下(パソコンによっては位置が微妙に違うかも)にマイフォトというコーナーを追加しました。
第一回はBrizaのLastステージを掲載しました。
凄くいいバンドだったんで残念だなあ。とリーダーに伝えたら、あまり解散、解散と云わないでほしいと言われたので、ひょっとしたらまたどっかで復活するかも。

2006年5月 1日 (月)

4月30日ブルーヒートへお越しの皆様

ありがとうございました。今回はバラエティ豊かに小生のルーツミュージックを取り揃えてみましたがいかがでしたでしょうか。
昼夜Wヘッダーのステージだったので体力切れの場面もありましたので、やっぱり身体を鍛えなきゃなーなんて思っています。肥ったなんていわれたし・・・。

さて、次回のLIVEは以下のとおりです。是非おいでください。

月20日(土) 横浜日の出町 グッピー
PM7:30~(もう1バンドとのジョイントなので開演時間未定)
場所:横浜市中区宮川町3-80 TEL045-241-3166 京浜急行日の出町下車1分
チャージ\1500~(1ドリンク付)http://homepage1.nifty.com/bluesknk/guppy.html

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »