無料ブログはココログ
フォト

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

最近はまってること

自分の名前でYahoo検索するとこのブログにヒットしたので、試しに昔やってたバンド仲間の名前を検索してみたらこれにはまってしまった。えっ?まさか昔好きだった女性も検索したんじゃないかって?まさか、そんな暗いことやってるわけ、ちょっとあります。でも、空しいのですぐやめた。女性は結婚すると姓がかわるからね。

で、バンド仲間は、有名人になった方(本人に迷惑だし、自慢してるみたいなので名前は出せませんが)は当然バリバリヒットします。で、インディーズシーンでご活躍の方は主に打楽器系が多いみたい。Drの川辺徳行氏は国分寺でJazz系で頑張ってるみたいだし、エスニック打楽器の浜田康一氏もこの度ヒーリングのオムニバスCD出したみたいだし。その他昔から一途な方は皆変わってないようです。嬉しいな。小生も変わってないし。また機会があれば音出しましょう。

さて、そんな方々の中で、ミュージシャン系やあの人はどこに系のHPで以前からちょっと話題になっている島袋京子さんという方がおるのですが、小生、80年代末から90年代初頭にかけてこの人とバンドをやってました。探してる方は蛭子温泉ってTV番組のアマチュア勝ち抜きコンテストで知った方が多いようですが、小生はその何年か前にR&B系で小生とツインVoで西荻Watts等で2,3回ライブをやりました。結構良かったと思うのですが、小生の気まぐれでバンドは消滅しました。で、やっぱり検索しても同じようにあの人はどこへ系にしか出てきませんが、実はこの人も結婚して姓が変わっています。小生もHPづたいでこの情報に辿り着いたのですが(実はDDTのゲストVoで招こうとしていたのです)、旦那さんもミュージシャンらしく今のお住まいの地元で時々ライブをやっておられるようです。お子さんもおられるようでプライバシーの侵害になりますからお住まいがどこ辺りかは伏せさせていただきます。探してる方、このブログに辿り着かれたら何卒ご理解を。

何年か前に神戸の仲間のエディっていうドラマーが急死しました。神戸時代での最高のドラマーでした。思い出されるのは神戸での最後のバンドのライブ終了後に、小生が「今日のライブは最高だった。またやろう。」といった言葉にエディーは「OK、またやろう。」、そしてバンドがそれっきりになり数ヶ月経った時突然電話で「おい!次はいつやるんだ。いくら待ってもオファーがないじゃないか!」と怒りの電話があったこと。小生はその時彼のミュージシャンシップを強く感じた。同時に自分のいいかげんさを。そしていつか、自分が本物になったときまた一緒にやろうと思ってた。だけどそれはかなわぬ夢になった。音楽は瞬間の芸術で、ときに素晴らしい出会いを演出してくれます。でも人が生きている時間はとても短い。素晴らしい人に出会えたとき、次にいつ再び一緒にプレイできるのか、あるいはもう二度とないのか不安がおそってきます。

今、一番会いたいのは津軽三味線の山上進さんかな。この人とのセッションは小生の生涯のターニングポイントでした。この人も今や有名人ですけど、あえて名前を出させていただき、出会えたことを感謝します。近いうちに青森にライブ見に行きますからよろしく。

2006年2月26日 (日)

祝!Yahoo検索掲載

やったー!Yahooの検索に目出度く当ブログがヒットした。「Yahooには審査があり、有害な内容のものは除外される。」とか「掲載前に掲載のオファーがある。」とかの都市伝説を聞かされておりましたが、そんなものは何もなく、バンドのメンバーからの情報で判明しました。ただ、「見られている回数で掲載するかしないかを判断している。」というのは、あながちフォークロアでもないのかな?という気はします。Yahooは広告目的もあるから需要と供給を考えますとね。ということは、結構な人に読まれてるのかな?あらためて、居住まいを正さなきゃなどと感じます。そこで要望をひとつ。

読んだ方、是非コメントをお願いします。ひじょうに孤独感を感じておりますので…。

おもしろくねえぞでもなんでもいいです。但し迷惑HPの掲載やリンクはやめてね。ってこんなこと書くと余計に書き込まれてしまうかも。

2006年2月24日 (金)

花粉症

やったー、今週3連続更新だー。でもなんか芸能評論に終ってしまってますが・・・。なぜこんなに書き込めるかというと音楽活動がルーズだからです。なぜルーズかというと花粉症だからです。これから4月にかけてもっとも体調が悪くなります。だいたい音楽は呼吸が大事ですから花粉症のミュージシャンはたいへんです。他の対象ミュージシャンはどうしてるのかな?医者に行けって?確かに医者に行くと飲み薬くれて飲むと嘘みたいに元に戻ります。でもこれっておかしくないですか?要するに麻薬と同じでしょ。だから飲まない。酒飲んでごまかしてるほうがましだ。これも麻薬と同じか・・・。

猪瀬直樹さんの「日本国の研究」によれば、戦後の木材需要増大に際して国は片っぱしから国有林の樹を切り倒して売っぱらって、災害が怖いので成長の早い杉を植えまくったらしいです。しかも杉は根が脆弱で台風等ですぐ倒れるから、林野庁は一本倒れたら何十万かの助成金を出すそうで、それで資金が出来る(宴会付きか?)からどんどん植える。なんと杉の生息北限の東北を越えて北海道まで植える始末。で、自然体系が崩れてこんなことになっている(この部分は小生の脚色。猪瀬さんはそこまで云ってません。)のではないかと。それにしても猪瀬さん、この本の二部は道路問題、一部が杉問題、道路問題がいつまでたっても解決しないので杉に踏み込めないのでしょうか。ということは花粉症じゃないのかな?期待してます。少なくとも林野庁の責任者を無理やり重症の花粉症にしちまうくらいしてほしい。昔は春がくるのが楽しみだったのに、人生の楽しみを奪う輩は許せない。

というわけで、この次のライブは4月30日渋谷ブルーヒートでDDTです。

綾瀬はるかさんもいいなあ。

東野圭吾さんの小節の6chのTVドラマ「白夜行」にはまっております。男優の山田君や渡部篤郎さんもなかなかですが、やっぱ綾瀬はるかさん、この人の佇まいもいいなあ。感じますね。

曲は一曲一曲がストーリーがあるから演じきらなきゃ駄目だと思うし、役者も瞬間瞬間が大事だと思う。表情で演じられるこのドラマのキャストは最高のソリストですね。

今日の日本で、現実の向こう側に行ける人連れて行ってくれる人って少ないと思うけど、若い役者さんが頑張ってるね。嬉しくなります。

2006年2月19日 (日)

また1ヶ月近く空いてしまった…

まめに更新しようと思っているんですが、光陰矢のごとしで、あっというまに2月末でした。

昨日は逗子にある黒門っていう沖縄料理店でのスハニーさん(vo)のライブを見に行ってきました。小さな店でステージとかPAとかは無く、アコースティックなライブです。こういうのもファミリーコンサートみたいで新鮮でした。スハニーさんはJazzですが、他の人での三線のライブもあるようです。もちろん三線置いていて弾くことも出来ます。料理や酒も沖縄主体でとても雰囲気のある店でした。

さて、沖縄出身の仲間由紀恵さん、最近えらく人気が出て、もはや大スターですけど小生は映画「リング0バースデイ」の時からのファン。もっとも、コアなファンから「12chの漫画の声優時代からでないと駄目だな。」と言われそうですが。この人見てると、やっぱり役者は佇まいだなあと感心してしまう。身のこなしが凄くきれいなんですね。沖縄舞踊の影響とご本人は言っておられましたが。それと、派手ではないしこれといった個性がないのでいろんな役もしっくりきます。役者業以外の歌とか司会とか(紅白ね)はてんで駄目ですけど。(なぜか歌がヒットしてますが、ファンの小生としてはイメージダウンなのでやめてほしいんですけど。「売れとったらなんでもええんかい。ちゃんと聴いて購入しろよ。」と世間に叫びたい。)

先日本屋で「トリック」の脚本本立ち読みして驚いたんですが、アドリブの台詞かと思ってた部分は全部予め書かれたものでした。ということは映画やドラマをあちこち掛け持ちしてる場合は全て暗記してやってるということですか。しかも違うキャラクターに切り替えて。

よく女優と結婚した人が、私生活は全然イメージが違う人だったなんて云ってますが、実体はないのかもしれません。仲間由紀恵さんは、仕事をしてる方がストレスが溜まらないって発言してますけど、演じている時の方が「実」で私生活の方が「虚」の感覚なのかもしれない。小生もそんな風に感じて音楽が出来たらななんて思うのですが、生活が「実」で音楽が「虚」に転じてしまっている。無駄な時間すごして「そうだ、練習しなくちゃ」では駄目で、ずっと楽器弾いてて「そうだ、ご飯食べなきゃ」くらいにならなきゃなあ。

この女優さんはそういうことも感じさせてくれるから好きなんです。今晩は「功名が辻」だ!

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »