無料ブログはココログ
フォト

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月29日 (日)

カンカラ三線について

頻繁に更新すると宣言したわりには、約20日空いたのであてにならないもんです。すみません。さて、お正月に書きましたカンカラ三線について解説します。

出会いは銀座のわしたショップで、それ以前に存在は知っていたのですが、実際本物を見て触って「これは使える!」と確信したので、安価に設定されているキットを買いました。帰宅して早速作成に取りかかり、塗装含み正味約3日で完成、鳴らしてみたら音量は乏しいものの立派な三線の音です。解説書によれば米軍占領下での収容所で、どうしても三線が弾きたかった沖縄の人達が米軍の食料の空き缶とベッドの足やパラシュートの繊維でこしらえたのが始まりとか。ウチナンチュウの魂を感じますね。小生作った三線で「花」を録音しました。録音すると本物となんら差はありません。値段は本物の10分の1ですからお得です。

この度友人の奥さんがご懐妊とのことでお祝いに一本作ろうとして年末にわしたショップでもう一本購入し、正月に作っていたらパーツの品質低下を発見。実際に楽器として弾けない状態だったので製造元にクレームのメールを出しました。なんせ、塗装終了後に組み立てますからもう返品交換は利かないので文句を云うしかありません。そうしたらすぐに返事があり正常品を送るとのこと。期待はしていなかったのでこれは嬉しかった。なんでも棹を本物に近い細さに仕上げを変えたためそういうことが起こったとのこと。届いたのはフルセットだったのですが合わなかったパーツだけを転用したら正常になりました。まさかとは思ったのですが合わない方と新しい余った物を組み合わせたら、不完全ながらも不思議とフィットしたのでこれも完成させ、結果的に2本できたことになりました。もちろん友人には完成度が高いほうを贈呈します。以前に作った1本とそれぞれの音を比べたら1本1本微妙に音が違います。パーツも組立も手作りなのでこんなことが起こるのでしょう。

この親切な製造元は「まちだ屋」(http://www.okinawa2.com/)さんといって、沖縄県のどこかの村で作ってるようです。普通の三線も作っていて、小生もいずれ本物を入手しようと思っているのでここで買おうかななんて思っています。津軽三味線もいいですけどやっぱおいらは沖縄三線のほうがしっくりきます。緩さが好いんですよね。たぶん小生のルーツは南の方なんでしょう。仲間由紀恵さんのファンですし。(こりゃ次回は由紀恵さんのお話かな?)

2006年1月 8日 (日)

1月7日ブルーヒートへお越しの皆様

ありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか?

今回はバラエティ豊かにお送りしましたが、次回は再び原点に戻るような予感がしています。お楽しみに。

2006年1月 2日 (月)

お正月は暇なので

あまりに狂乱の交通状況に呆れ果て、数年前からこの期間に帰郷するのをやめたので正月は一年で一番のんびりできる期間なのです。考えたら正月は本来そういう時なんですよね。新年を迎え穏やかに心身を充実させる時。なんか最近は盆&正月冠婚葬祭関連団体や企業に上手くのせられてお祭り騒ぎしてるけど、そんな時に稼ぐのはなんか違うと思う。本来ご祝儀やお年玉は、立場の弱い者や貧乏な人に施す意味があったと聞いているから日本の善い部分が忘れ去れているのではないのかなと。経済効果も神頼みというわけですかね。

そんな贅沢な時間にいくつか楽器類を作成しました。ひとつはカンカラ三線。沖縄の三線の簡易版ですね。キットを購入して組み立てるのですが、これに関する説明は訳あって後日書きます。

ふたつめはボリュームボックス。ただ切替スイッチとボリューム(以下vol)がついてるだけの代物ですがこれは市販品にあるようで無い。何に使うかというとアコギの後付のピックアップ用にです。後付のピックアップにはプリアンプが必要なものが多いのですが、できればアコギに余計な穴を空けたくないので外付けにするわけで、volコントロールはvolペダルでやるしかない。でもこいつが結構荷物になる。ソロとバッキングの音量さえコントロールできれば良いのですから割り切れば二段階が設定できれば良い。これがこのvolボックスです。

その他、小生はたくさんのアイデア品を作っていますのでまた紹介しますね。

また、曲作ったり、自宅録音もやってます。時間に縛られない環境だと凄く創作意欲が湧いてきます。できるならこんな時間がずっと続けばいいななんて思いますが、たまにだからいいんですね。昔まるまる1ヶ月こんな時間を作ったことがありましたが結局ネタが尽きましたし、金も尽きました。適当に苦があってたくさん楽があるくらいがいいんですが、まあいきなり7日にライブですから幸せですね。ところで1/7のライブにゲスト決定!藤原さんといってジミヘンみたいな感じのギターの人です。2,3曲参加していただくのでお楽しみに。

2006年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

2006年は一緒に素晴らしい年にしましょう!

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »