無料ブログはココログ
フォト

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

楽しい一年でした。

ライブに来て頂きました皆様、関係者の方々ありがとうございました。おかげさまで2005年は楽しい一年でした。

来年はますます素晴らしい一年とすべく、音楽に精進するとともに楽しいステージを企画してゆきます。いよいよ自主制作CD第2弾にも取りかかろうと目論んでますし(なに?第1弾があったのか?という疑問もあるでしょうが・・・)。

DDTは新年早々ライブをやりますが、Briza Do Marは春まで予定がありません。Brizaのお客様、この間新たなネタを仕込みますので雪解けまでお待ちを。また、これを機会に他のバンドによるライブ企画も考えてるんですけどできるかどうか定かではありません。良いメンバーで企画するとみんなスケジュールが合わんのですよね。

ところで、最近DDTのバンド名の由来について質問が多いのでこの場を借りて説明します。年配の方はご存知でしょうが、人体に害があるということで何十年か前に製造を禁止された殺虫剤のDDTが由来です。この殺虫剤は強力で、シラミがわいた子供の頭になんかパフパフと吹き付けて伝染病防止などに一役買っていたようですが、薬そのものが人間に対し毒性があると分かり使用がはばかれたようです。DDTは結成当時飲屋で、「今の日本の音楽業界は様々な資本によってかなり毒されているので、強烈なパワーを持った音楽でないと浄化できないね。」なんて真面目な話をしていたところ、当時のメンバーだった年配のドラマーが「DDTで消毒しなきゃね。」の一言で名前がつきました。結してふざけた意味ではありませんよ。そのくらいの覚悟でいい音楽をやるという気持ちで付けたんです。そういえば東京のロックバンドに同じ名前がありますね。今更変えるつもりはないので知った時には何卒気を悪くしないでください。

と云いつつも、このブログをまず見るわけ無いでしょうけど・・・。誰かリンク張ってくださーい!見た人は是非コメントくださーい!とっても寂しいので。

「だったらもっとマメに更新しろよ。」との声が聞こえてきますが・・・。来年はもっとマメにやります。

それでは皆様良いお年を!

2005年12月18日 (日)

1月ライブスケジュール

DDT NEW YEAR'S BLUES LIVE
児玉貴雄(vo,g)、安川 徹(g)、坂本康介(b)、宮岡千俊(dr)
渋谷BLUE HEAT(http://blueheat.hoops.ne.jp)
2006年1月7日(土)、開店7:30開演8:30予定
CHARGE¥1,000

新春第一弾のライブです。是非ご来場ください。

2005年12月10日 (土)

音数と音色

Nakaさんいつも素敵なコメントありがとうございます。音数と音色は小生の永遠のテーマであります。

その人の表現のパワーをインプットとすればアウトプットにあたるのが音数や音色だと思います。だとすると、テクニックの無い小生が無理に難しいことをするとパワーをそこに消費してしまい音が痩せてしまいます。で、極力音色の方にパワーを注ぐことに最近気付いて実施しています。

よく商店街のBGMなんかで結構な音数のソロが流れてたりしますけど、聴いてる方は殆ど音を捕まえないんですよね。聴き手の心を捉えなければ人前で演奏する意味はないかと思います。テクニックで人の心を捉えるにはかなり練習を積んで、コピーではないオリジナルの展開が必須だと思ってます。もちろんテクニックを否定してるのではなく、自分がその域に到達してないんで実演の際に音色を重視するってことです。

いずれにせよ少しでも楽器に触れる時間を多くしなければどちらも実現が難しくなります。しかも、嫌々やる練習よりも楽しく練習した方が100倍くらいに身につく。そのためには常日頃から気分を高揚させとかなければいかんので、最近まわりから馬鹿かと思われるようになりました。それでもいいや。良い音楽が出来ればと思います。

2005年12月 5日 (月)

NAKAさんありがとう

お褒めいただき光栄です。全てはリーダーシップの賜物です。ちなみさんに感謝。

バンドってのはリーダー次第で実力以上のことも出来るんだということを確信しました。

小生は引き出しが少ないので(昭和30年代の小学校の机なみです。)、長時間のセッションとかでは最後何も出てこなくなります。そういう意味でも30分位が良かったみたい。

2005年12月 1日 (木)

11月27日関内ホールへお越しの皆様

ありがとうございました。

おかげさまで良いライブが出来ました。

次のライブは来年になりますが、来年もBriza Do Marをよろしくお願いいたします。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »